一粒の種から

一粒の種から始まる成長の喜びや失敗をちょこっとメモしてみます。

節分草

今年の観察記録です。
昨年花後にイヌマキの木の下に移動させて管理

1月18日 鉢を日のあたる場所に移動

1月18日

1月25日 18日とあまり変化なし(22年種まき)

22年25日

24年種まきのポットが一番かな
1月27日
24年1月27

2月2日
2日

2日1

節分の日にさいてくれるかどうか・・・
咲いてました。
2月3日
3日3

アップで
3日2

昨年より開花が遅いような気がします
27年の種まき組の発芽が見えてきました
春の兆しがみえて、観察がたのしみです

福寿草

一番に春を知らせてくれる花で
芽出しからワクワクさせてもらってます。

1月6日 芽に黄色が見えてきてます。
福寿草6日

1月10日 花茎がニョキニョキっとのびて花が開き始めました。
1月10日

1月13日 開花
艶のある花弁がキラキラしてます。
1月13日

1月15日 雪の中で
1月15日

1月25日
昨年末にに手に入れた青森産のミチノク福寿草
花弁が少なくて控えめな品種かなぁ~~
青森福25日

寒い日が続いています。

このところ最低気温がマイナスの日が続いています。
竹炭作りのボランティアしている主人に
花炭を一緒に焼いてもらいました。

1月12日に焼きあがった松ぼっくり
松ぼっくり

1月15日に予報通り雪がふったので記念撮影
DSCF4185.jpg

竹筒 レンコン モミジバフウ 松ぼっくり 
大王松の松ぼっくりの子供
花炭雪

友達に頼まれていた畳縁を使ったママバッグ
赤と黒をつかってちょっと冒険
マチは畳へり3枚つないでます。
マチと前側にもポケットをつけてます。

文菜バッグ表

裏側
文菜バッグ裏

ブランドにはない特注品 軽くて使いやすいと気に入ってもらいました。

挑戦してみました。

材料が足りなくなったので久しぶりに材料屋さんに行ってきました。
奥さん手作りのバッグが沢山展示してありました。
初めてみるデザインのバッグがあり、
見せていただきました。
形を作りしつけをして下の部分から押さえていくといいよと
教えてくださったのですが・・・
肝心の土台はどうやって作ればいいのやら、
うる覚えの記憶とよく似たデザインをネットでさがして
見よう見まねで挑戦。
まずは大きさを決めヘリを縫い合わせました。
その大きさに合わせてチャコペンで円を描き
円にそってヘリをV字型におりぐるぐると
渦巻きにして最後に折り返して止めました。

折り模様表

ブランド店ではステッチを端ではなく余裕を持たせて遊ばせてありました。
次回の課題にすることにします。

裏は同じにしたかったけど材料が足りなかったので
あり合わせを組み合わせてみました。
折り模様裏



新年が始まりました。

明けましておめでとうございます。
穏やかな新年を迎えることができました。
元気で過ごせることが一番の願いで
無理せずに楽しく過ごせたらいいなぁ~と思っています。

門松
主人がボランティアで竹林整備をしてる関係で
年末になると青竹を門松用に加工しています。
今年は裏庭の白南天の実がたくさんついていたので紅白南天に
黒松 蝋梅 葉ボタンをいれて我が家流門松

外玄関には
孟宗竹の大きいのを使って花筒がわりにして
大王松 千両 蝋梅を入れました。
玄関外

種から育てた百両が初めて実がついてくれました。
(まだポットのままの手入れ不足)

百両赤

百両白

 | HOME |  »

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

くらちゃん

くらちゃん

FC2ブログへようこそ!